トップへ戻る

巫剣名物帳

へし切長谷部
イラストレーター池澤 真
へし切長谷部
機械のように冷静沈着に任務を遂行する巫剣。
刃を押し当てただけで切れた、という恐ろしい斬れ味が特徴で、刀を振れないような密集地帯でも活躍した。
任務遂行を第一に考えるせいか、感情を排除したような言動を取ることが多く、そのせいで感情表現自体が苦手になってしまったが、黒猫にだけは心を開き自ら話しかける。
主が変わった先で出会った安宅切の明るい性格に絆されて、仲間を思う気持ちが芽生えた。
苦手難波の商人
一覧へ戻る