トップへ戻る

巫剣名物帳

鷹の巣宗近
イラストレーター凪良
鷹の巣宗近
鷹の子を捕獲した巣に刀を捧げるという慣習により、人里離れた山中で鷹とともに暮らしていた巫剣。
野生の勘と俊敏性を兼ね備え、天才的な武の才を発揮する。
鋭い観察眼を持っており、人前でどんな行動が最も効率的かを理解し、粗野な言動や振る舞いを見せることはない。
しかし、人の感情を慮ることにはまだ不慣れで、どのように接したらいいか戸惑う場面も多い。
姿が見えないときは、高所で風を感じている。
苦手家族団らん
一覧へ戻る