トップへ戻る
MENU

巫剣名物帳

亀甲貞宗
イラストレーターperoshi
CV吉岡 麻耶
亀甲貞宗
名物とされる業物。将軍家において次期将軍となる世子に贈ることが慣わしとされてきた巫剣。
のんびり屋だがまじめで献身的でありまだ若い次代の将軍たちの身の回りの世話などをこなしてきた。
ただしのんびり屋すぎて些細なミスを犯してしまうことも多く、よく叱られては落ち込んでいたりする。
またそのことを妹にあたる徳善院貞宗にからかわれることもあが、基本的にはお人よしのため誰かを恨んだり、怒ったりするようなことはない。
苦手うさぎ
一覧へ戻る