トップへ戻る
MENU

巫剣名物帳

水心子正秀
イラストレーターシエラ
CV石見 舞菜香
水心子正秀
鍛刀技術や蘭学、語学に明るく、アメリカに渡った経験から世界情勢にも精通し、高い知性を誇る巫剣。
物静かで遠慮がちな性格で、歴史の浅い新々刀であることがコンプレックス。
先輩巫剣たちを尊敬しており、特に“正宗”に対する憧れが強い。
戦いにおいては前の主の信念を継ぎ、その刃を抜くことを極力避けている。
ただし禍憑との戦いではその剣術のみでなく、鍛刀技術をも活かした華麗な戦いを見せる。
苦手争いごと
一覧へ戻る