トップへ戻る

巫剣名物帳

雲落とし
イラストレーターまっくすめろん
雲落とし
木曽源氏に伝わる、三種の宝の一つに数えられる巫剣で、微塵丸とは姉妹のように暮らしてきた。
雲のように自由でつかみどころがなく、ふらっといなくなったり、脈絡なく話を進めたりと不思議な雰囲気を持つ。
めいじ館にいることは少ないが、朝日を見ながら五平餅を食べることを日課としており、朝方に見晴らしの良いと ころにいくと見かけることができる。
雲をも裂くような豪快な剣技が特徴。
苦手束縛
一覧へ戻る