田畑を囲むあぜ道。その斜面にうら若き……というにはいささか幼すぎる少女が2人、突っ伏してなにかを待ち受けている。
黄色いスカーフをした、見るからに元気印といった印象の少女は庖丁正宗。対して青いスカーフのメガネの少女はほりぬき正宗という。
2人は姉妹で、歴とした巫剣である。

「初めての禍憑退治……ううードキドキするね!」
「ほー姉様、ドキドキも結構ですけれど、くれぐれも冷静な行動をお願いしますわね。ここでしくじってはわたくしたちに依頼をしてくださった農家の方に申し訳が立ちません」
「わかってるよ。ぬーは真面目だな~。あ! 来た来た!」

不意に庖丁正宗が指差した先には、情けない顔でこちらへ向かって駆けてくる少女の姿があった。

「ほーちゃん! ぬーちゃん! お、お、お、おびき出したよーぅ!!」

赤いスカーフとリボンが特徴的なその少女は名を透し正宗といい、庖丁正宗とほりぬき正宗の姉にあたる。
そう、彼女らは三姉妹なのだ。

「すー姉でかしたっ! こっちこっち! 走れー!」
「こ、これでも走ってるつもりだよー!」
「すー姉様、今お助けします!」
「よーしっ! 突撃ぃ――――!!」

掛け声とともに飛び出す次女と末っ子。そのまま透し正宗の背後に迫る標的へ飛びかかった。

「この! この! すばしこいヤツ! ぬー、そっち行ったよ!!」
「心得ました! わたくしが華麗に両断して……ひゃあ! お股潜られたぁ!」
「ふ、2人ともしっかりー!」

壮絶な死闘が繰り広げられる。が、離れた場所からそんな死闘を呆れ顔で見つめる四人目の少女がいた。

「みんな……なにやってるの?」

声をかけたのは長い髪を編み込んだ小柄な少女で、名を天目御影と言う。現在、三姉妹が身を寄せている天目家の一人娘だ。