7月某日、早朝。突如禍憑の大群が帝都地中より出現。その後、丸の内へ進行。
同日、禍憑は複数の小隊編成を思わせる群れ行動を取り、各地を占拠。直ちに帝都へ戒厳令が敷かれる。
同日未明、御華見衆は各地の巫剣を召集。大規模な掃討作戦を発令。
作戦発令から数時間後、帝都は静かな朝を迎えていた。
通りに人気は絶え、聞こえるのは上空で旋回するカラスの群れの啼き声のみ。
今、召集された巫剣の多くが丸の内の最前線へ赴き、白刃を振るっている。帝都を救う重要な任を負って。それはまさに御華見衆の花形と言えた。
しかし、厚藤四郎は大事件の渦中からはずいぶんと離れた下町の一角にいた。

「もぉ! なんでボクだけ後方支援なのさ! ムキィ!」

歯痒さに任せ、赤い鼻緒のかわいらしい下駄をカツンと鳴らして地面を踏む。
前線の巫剣が万が一禍憑を撃ち漏らした場合、周辺へ逃走する可能性がある。その時に対応するのが厚藤四郎の主な役目であった。
もちろんそれとて大事な任務。それは判っている。いるのだが、納得できかねる。

「ボクが前線に出れば誰よりも速く駆けて、誰よりも多く禍憑を倒して見せるのにィ!」

勇んで召集に応じたというのに、これではあんまりだ。
と、退屈と格闘していると、目の前を一匹のドラ猫が横切った。
およ? と足を止め、目で追う。やけに急ぎ足だ。
と、思う間に、道端の茂みからさらにもう1匹。いや、3匹、6匹……まだ増える。

「んにゃ? 人間は残らず家に閉じこもるか避難するかしているっていうのに、お前たちはいつもと変わらず散歩か~。あ~あ、いっそボクもついて行っちゃおうかな~」

軽口を叩いていた厚藤四郎だったが、道を横断する猫の数が10を越えたあたりでさすがに異変に気づいた