先日、小烏丸を通じて副司令からある通達があった。それは私たち、めいじ館に所属する巫剣にとって大きな出来事を告げるもので――
城和泉正宗
巫剣使い……本当に信頼できるのかしらね……
牛王吉光
城和泉正宗、キミのそれ……今日何回目?
桑名江
まぁまぁ、牛王さん。確かに城和泉さんが不安になる気持ちもわかります
牛王吉光
でも桑名江、キミは嬉しそうに見えるけど?
桑名江
あぁ、その……わかりますか?
城和泉正宗
少なくても、嫌って顔はしていないわね
桑名江
実は何度か副司令からお話を伺っていまして。城和泉さんよりはいろいろ知っているんです
城和泉正宗
えぇ!? 桑名江、ずるいわよ!
牛王吉光
ああ、それね。実はわたしも同じ。各所からいろいろ聞いてる
城和泉正宗
なによそれ!? どうしてわたしにも教えないわけ!? そうしたら少しは気も紛れるのに……
牛王吉光
嫌だね。どうしてキミが楽になる手伝いをしないといけないのかな? わけがわからないよ
城和泉正宗
ごーおーうーよーしーみーつーっ!! いいわ、そこまで言うなら力づくで聞き出してやろうじゃない!
牛王吉光
やれるものならやってみればいい。場所も時間もわきまえないキミには――
桑名江
――だ、駄目ですってば! 二人ともっ!?
小烏丸
なんじゃお主ら、こんな時間に騒がしいのぅ
城和泉正宗
邪魔しな――って、小烏丸!?
小烏丸
いかにもじゃ。城和泉正宗、お主は迎え役じゃろう?
城和泉正宗
あ、う……そうだけど……
小烏丸
わかっているなら、今日は早く休め
城和泉正宗
はい……
丙子椒林剣
あら、駄目ですよぉ小烏丸。城和泉ちゃんに悲しい顔をさせては~
城和泉正宗
副司令!? い、いつここに!?
小烏丸
妾が連れてきたのじゃ。明日の朝に来るよりは前日のうちに来たいと言いおっての
丙子椒林剣
ええ。ありがとう小烏丸、助かりました~
城和泉正宗
副司令が直接来るなんて思ってませんでした……
丙子椒林剣
当然のことですよ~? このめいじ館に巫剣使いが訪れるのは、初めてのこと。しっかりとお出迎えしなくてはなりませんからねぇ
小烏丸
こういう時は動きが早いのぅ、丙子椒林剣。普段はものぐさじゃというのに
丙子椒林剣
小烏丸?
小烏丸
ん? ああ、いや……今のは独り言じゃ。気にするな
桑名江
近々いらっしゃると聞いていましたから、お部屋の準備はしてあります。ご案内しますね
丙子椒林剣
はい、よろしくお願いしますね~。それと、城和泉ちゃん?
城和泉正宗
は、はい!?
丙子椒林剣
不安になるのはまだ早いですよぉ。ちゃんと会って、それからもう一度、あなたが判断してください。小烏丸も言いましたが、今日はゆっくり休んでくださいね~
城和泉正宗
わかり、ました……
丙子椒林剣
では、また明日。お先に失礼しますね~
小烏丸
うむ、ではの
牛王吉光
わたしは少しくらい、付き合ってあげても良かったんだけど……丙子椒林剣にああ言われたら仕方ないね、城和泉正宗?
城和泉正宗
もう疲れちゃったわよ……私も部屋に戻るわ
巫剣使い。私たち巫剣の力を引き出す使い手にして主。
ただ誠実であれば良いわけじゃない。私が求めるのは――ううん、今はそんなこと考えてても駄目よね。
城和泉正宗
とりあえず、会ってみないことにはわからないもの!
電撃G'sマガジン 2016年12月号掲載