トップへ戻る
MENU

巫剣観察記

???? & ????

???? & ????

【特記事項】本報告書において、現時点では当該巫剣名を秘匿情報とする。

「この変質者……成敗してさしあげますわ!」

そう言い放った少女の名は【秘匿情報】。
髪を長く伸ばし、上品なお嬢様然とした彼女の行動は、残念ながらお嬢様とはかけ離れている。
少女は、男の首筋に刀を突きつけていたのだ。

「えっ? 変質者? えっ……!?」

突きつけられた男の方はといえば、突然飛び出してきた【秘匿情報】の姿を見てもなにが起きたのかわからないまま、とにかく生命の危機であることは察したらしく、ダラダラと冷や汗をかいていた。

「……【秘匿情報】、ちがう」

そんな【秘匿情報】を止めたのは、その場にいたもう一人の少女、【秘匿情報】であった。
「幼い」といってもよいような年頃に見える彼女が、なぜか不思議な色香をまとっている。

「……違う、とおっしゃいますと?」
「そのひと、わるいひとじゃない」
「え?」

(その通りです!!)
一部始終を見ていた私は心の中で【秘匿情報】の言葉に同意した。そう、男は変質者などではないのである。危うく冤罪で一人の男の人生が終了するところだったのだ。
男は道端で花を眺めていた少女……【秘匿情報】が迷子なのではないかと心配をして声をかけただけなのだ。
無理もないことであろう。ひとたび刀を抜けば禍憑を圧倒する力を有している彼女だが、普段はひどくぼんやりとしているのである。彼女が道端で花を見ていたら、それこそ迷子の少女が途方にくれ、どうしてよいかわからないでいる様子に見えるかもしれない。
ということで、通りかかった親切な男が声をかけた。
次の瞬間。
どこからともなく現れたもう一人の少女が、男の首筋に刀をつきつけた。
これが私が目撃した事件の真相である。
なぜそんなに詳しく見ていたかって?
それが私の任務だったからだ。
私は御華見衆観察方。巫剣達を観察し、調査する役目なのである。
(これは……もしかすると……)
私は今回の任務が意外な展開を見せはじめていることに気付いた。

「次の観察対象は……あれ、【秘匿情報】ですか……?」

数日前、呼び出された私は軽く首をかしげた。

「別の巫剣の予定だったのでは?」

私の質問は痛いところをついたらしい。上司は苦い顔をする。

「そうだったんだが……事情が変わってな」

上司の説明によるとこういうことだった。

「【秘匿情報】が狙われている」という情報がもたらされたらしい。それも、狙っているものは複数おり、そのいずれもが「【秘匿情報】に対して下劣な感情を催した不定の輩」だというのだ。

「それは……ゆゆしき事態ですね」
「しかし……どうも情報の出所がな……」
「出所?」

上司の呟きに反応すると、また微妙な顔をされる。
どうやら、一筋縄でいかない事情があるらしい。
それを詮索するのは私の任務ではない。

「……わかりました」

ということで、私は【秘匿情報】の観察をしているというわけだ。
わかったことは、彼女は実に不思議な少女だということ。
口数は少なく、表情は読みづらい。ふらり、と外出しては蝶を追いかけていたりする。
なんとも危うく見える。観察対象との接触は厳禁なのだが、思わず助けに入りたくなってしまうほどに。
そう感じるのは私だけではないようで、道行く人が声をかけたりする。

「お嬢ちゃん、どうしたんだい?」

という具合に。
その後、何が起こるかといえば……冒頭に書いた通りだ。
どこからともなく飛び出してくるのだ。彼女の姉……【秘匿情報】が。
そして、容赦なく斬り捨てようとして、【秘匿情報】がそれを止めるのである。
その流れが繰り返されるのを、私はすでに何度も目撃していた。

「本当ですか? ……【秘匿情報】は騙されているのでは?」
「……だいじょぶ」

その言葉を聞いて、【秘匿情報】は一応納得したらしい。

「ちっ……ここは【秘匿情報】に免じて許してさしあげますが……」

そう言いながら、【秘匿情報】はゆっくりと刀を引く。わざわざ、首を斬るかのような動きを見せつけながら。
そして、艶やかに微笑んで言う。

「次に姿を見せたら命はないと思うがいいですわ……」
「ひっ、ひえええ……お助けを……」

男は慌てて逃げ去っていった。道端の少女に親切にしようとした結果、こんな目に遭うとはなんとも不幸である。

「気をつけてくださいね? 男は獣で、かわいい【秘匿情報】を狙っているのですから」
「……ん」

【秘匿情報】が頷いたのを見て、【秘匿情報】は名残おしそうにしながらも出てきた時同様、一瞬で姿を消した。
一人残される【秘匿情報】は、今あった出来事などなかったかのようにまた花に見入っている。
だが、彼女の姉が去ったわけではないことを、私は気付いていた。
少し離れた物陰から、【秘匿情報】は【秘匿情報】を見守っているのである。
見事な隠れ方だ……観察方である私ですら、はじめは気付けなかったほどである。
その目的は、もちろん、【秘匿情報】に近づくものを止めること。

「お嬢ちゃん、迷子かい?」

あ、また引っかかった。

「……という具合ですね」
「で、結局、【秘匿情報】を狙う輩っていうのは」

報告を聞いた上司の言葉に、私は首を振る。

「ありえませんね……」

その疑いをかけられたものたちなら大量に見たが、その中に本物の不当き者は一人もいなかった……というのが私の観察結果だった。

「だよなあ……」

上司の困った様子に、私は薄々察していた事情を確信した。

「狙われてる、という情報の元は彼女の姉……【秘匿情報】ですね?」
「そう……巫剣、それも姉からの訴えだ、ただ退けるというわけにもいかなくてなあ……ご苦労だった」
「いえ、任務ですので……あ、ところで」

私は上司に対し、最後に事務的な質問をする。

「今回の報告書ですが、どの棚にしまえばよいでしょうか? ……結果としては、二人まとめての観察になってしまったのですが」

その言葉を聞いて、また上司は困った表情になった。

以上、御華見衆観察方より報告