トップへ戻る
MENU

巫剣名物帳

不動行光
イラストレーター10mo
CV関根 明良
不動行光
不動明王とその眷属である矜羯羅、制多迦の両童子の加護を受けているとされる巫剣。
主がいつも酒の席で自分を自慢するのに際し、最初は照れていたが、段々と慣れていき、人と付き合う上での距離感と処世術を学んだ。
基本的にいつも笑顔を作っているため、お調子者な性格に見えるが、それ自体に悪意はなく、根が天然で世渡り上手なためである。
各地を転々とした後、御華見衆が接触し、協力することになった。
苦手
一覧へ戻る