トップへ戻る
MENU

巫剣名物帳

八丁念仏
イラストレーター天川 さっこ
CV久保田 梨沙
八丁念仏
雑賀衆と呼ばれた傭兵集団の元で戦っていた巫剣。
自身を最強の巫剣と言ってはばからず、力を誇示する中二病のような言動が目立つ。
が、実は内心寂しがり屋の上に本当の強者と相対すると萎縮してしまう。
維新後から“強者の振る舞い”なる独特な態度を取るようになっているが、素の口調は大人しめなもの。
本人の主観で格好いいものを好み、戦いにおいては活躍するために積極的に前線に出る。
自分の着ている服を改造したり、品目は限られるが料理が得意など細かい作業を得意としている。
本人曰く、最強としての嗜みとのこと。
苦手孤独
一覧へ戻る