トップへ戻る
MENU

巫剣名物帳

雷切丸
イラストレーター川上修一
CV河瀬 茉希
雷切丸
元は千鳥と呼ばれていたが、雷を斬り裂いたことで雷切丸と呼ばれるようになった巫剣。
常に冷静に見えるが、実は豆腐のように脆弱な精神力と悲観的な性格。
少し怒られたりするだけで落ち込み、捨て鉢になって、その身を投げようとすることもある。
雷を斬った時に受けた衝撃から、雷が苦手になり、天気が崩れてくると戦の最中だとしても、逃走してしまうようになってしまった。
苦手豆腐
一覧へ戻る