トップへ戻る
MENU

巫剣名物帳

明石国行
イラストレーターせんむ
明石国行
明石松平家に仕えていた巫剣。
兵庫の屋敷で暮らしていた箱入り娘だが、思い込んだら一直線の元気な性格。
持ち前の天真爛漫さで場の雰囲気を明るくすることから、仲間から慕われている。
直情的過ぎる面もあり、間違っていると思ったことには声を荒げてしまう。
話し合いで問題が解決しなかった時は、言葉ではなく、互いの拳を合わせて真の心を分かり合おうとする。
元々はお嬢様であり、女の子らしいものにも興味はあるのだが、どちらかといえば動きやすい格好を好む。
苦手話の長い人
一覧へ戻る