トップへ戻る
MENU

巫剣名物帳

大倶利伽羅
イラストレーターosa
CV日野 まり
大倶利伽羅
伊達家の象徴として大事に育てられた巫剣。
刀工広光によって不動明王の化身である黒い竜を意味する倶利伽羅をその身に刻まれ、生を受けた。
破天荒でやんちゃなお姫様といった振る舞いながらも、義に厚く面倒見がいい。
戦うことや自己研磨よりも人々の安寧を守るために日々を費やしている。
実はほとんど領外に出たことがなく、世間知らずである自分に負い目を持つ。
その分、客を大いにもてなして旅の話を聞くのが大の楽しみ。
苦手外泊
一覧へ戻る