トップへ戻る
MENU

巫剣名物帳

陸奥守吉行
イラストレーターあかざ
CV森永 千才
陸奥守吉行
四国の商家に代々仕えてきた巫剣。
思わせぶりな言葉を言ったり、豊満な体を誇示して、相手を誘惑するその様はまさに妖艶そのものだが、その裏では物事を冷静に見据えている。
四国にいる間、ずっと守り神として扱われていたが、必ずと言っていいほど主の死に際に立ち会ってしまうため、自身を死神と称するようになった。
御華見衆に参加し、自分の新しい在り方を見つけようとしている。
苦手
一覧へ戻る