トップへ戻る
MENU

巫剣名物帳

にっかり青江
イラストレーター西又 葵
CV田中 ちえ美
にっかり青江
にっかりと笑う女の幽霊を斬り捨て、翌朝確認すると石塔が真っ二つになっていたという逸話から、にっかり青江と呼ばれるようになった巫剣。
名に違わずどんな時も笑顔を絶やさない。
人に優しくされてうれしかったことがきっかけで、たくさん人に優しくすれば、たくさん喜んでもらえると考え、世話好きな性格となった。
苦手別れ
一覧へ戻る