トップへ戻る
MENU

巫剣名物帳

鳥飼来国次
イラストレーターすまき俊悟
CV影山 灯
鳥飼来国次
エリート大名お付きのくのいちとして働いた巫剣。
生来は優しくおおらかな性格だが、忍としての任務を全うするため、自らの想いは胸に仕舞い、仕事を忠実にこなしてきた。
変装が得意で、見た目だけでなくしぐさや声色まで似せることができる。
関ヶ原の敗戦で追われていた主を助けるために命がけで奔走したが、結果的に主は見つかり流罪となってしまったことをいまだに悔いていて、忍働きができずにいる。
苦手
一覧へ戻る