トップへ戻る
MENU

巫剣名物帳

鉄砲切り兼光
イラストレーターperoshi
CV内藤 有海
鉄砲切り兼光
かつて川中島の戦いにて敵陣に深く切り込み、鉄砲や鎧兜すらも容易く斬り捨て前進を続けたという勇猛果敢な巫剣。
口数が少なく一見すると冷たい印象だが、内には熱い心が宿っており、いかなる劣勢でも先陣を切って突っ込んでは味方を大いに鼓舞する。
自分のことにあまり頓着が無く、純粋に主人の武器であろうと心がけている分、優しくされると赤面して慌ててしまう一面も。
基本的には頼りになる巫剣だが、超方向音痴で、すぐに迷子になってしまう弱点がある。
苦手優しくされること
一覧へ戻る