トップへ戻る
MENU

巫剣名物帳

大般若長光
イラストレーターちょびぺろ
CV渡辺 優里奈
大般若長光
般若の面を被り、見た目に違わず王者達人の風格を持つ巫剣。
大般若経六百巻に値するということで命名された。
気高く剛毅な性格で、世直しと自らの剣の強さを証明するために、悪人や亡霊との戦いを続けていた。
巷では般若で隠した素顔は絶世の美女と噂され、男性の追っかけが日々増えているらしい。
悪気はないのだが、誰にでも常に上から目線で偉そうに振る舞う。
しかし、いつか並び立つ者が現れることを密かに待ち望んでいる。
苦手卑怯なこと
一覧へ戻る