トップへ戻る
MENU

巫剣名物帳

岡田切吉房
イラストレーターあかざ
CV杉浦 しおり
岡田切吉房
当時の主の命で、裏切りを疑われた武将を斬ったことが名前の由来。その経験から、物事の真贋は自分の目で見て考え、斬るべき相手を判断しようと心がけてきた。
そうして培われた慧眼は商人としても力を発揮し、転戦、転封が多く収入が安定しなかった元の主を力強く支えることとなる。
これまで苦労を重ねてきたが、その性格はいたって明るく朗らか。いずれは玉の輿に乗りたいという、密かな野望を持っている。
苦手親の七光り
一覧へ戻る